指の毛の処理どんな方法がある?効果・メリット&デメリット

ワキやアンダーヘアのように太くて黒い毛と違って、細くまんべんなく生えている指の毛。どんな処理が向いているの?

 

指の毛の処理にベストな方法や注意点などを説明します!

 

カミソリ・シェーバー

シェーバー

カミソリで剃るのは最も手軽で安く済ませられる方法です。腕の毛を剃るついでに指も一緒にサッと剃ってしまう、という人は多いです。

 

でも表面に出ている毛しか処理できないので、根元は残ったまま。またすぐに生えてくる上、剃った毛の断面が広くなって生えかけの時は濃く見えて気になるかも。

 

また、関節部分などは肌を傷つけないように注意しましょう。

 

毛抜き

毛抜き

気がついた時に指の毛を毛抜きで抜く、という人は多いです。カミソリ同様低コストで手軽な方法です。抜く時は痛みを伴います。

 

利き手と逆の手を使う時は難しいので、あやまって皮膚を傷つけてしまわないように注意しましょう。

 

根元まで抜くので仕上がりはなめらかですが、毛穴が開いた状態毛はなくなっても毛穴が目立つ、ということがあります。埋没毛や毛嚢炎になるリスクがあります。

 

除毛クリーム

除毛クリーム

指毛のような産毛にも効果を発揮する除毛クリーム。値段も1000円前後とお手頃ですが、剃っているのと同じなのですぐに生えてきます。

 

毛を溶かす薬剤が肌にダメージを与えることがあるので、アフターケアはしっかりしたいですね。

 

 

脱毛ワックス

ワックス

温めて使うものとシートを貼ってはがすタイプのものがあります。指の毛のような細い毛は油性ワックスのほうが向いています。一気に処理できてスピーディ。

 

根元から抜くので長持ちですが、ワックスをはがす時に痛みがあります。上手に使いこなすにはコツがいります。埋没毛・毛嚢炎にも注意です。

 

家庭用脱毛器

脱毛器

物理的に抜く電動脱毛器光脱毛器があります。電動脱毛器は毛を抜く時に痛みがありますが、カミソリのようにすぐに生えてくることはありません。

 

光脱毛ができる脱毛器は、エステサロンの脱毛と同じ仕組みで肌への負担も少なくて済みます。家庭用なので出力が低いため生えてこなくなるまでは根気よく続ける必要があります。

 

ムダ毛パッド

ムダ毛パッド

特殊な繊維で皮膚をこすりムダ毛を除去します。

 

低コストで手軽な方法ですが、使いこなすにはコツがいります。また、使い方によっては肌がこすれて赤くなることがあるので肌が弱い人にはおすすめできません。

 

 

 

エステサロン・クリニックの指脱毛

エステティシャン

毛の色素メラニンだけに働くので、肌へのダメージは最小限です。続けるうちに毛が生えてこなくなります。

 

何度も通う必要がありますが、指脱毛の施術自体は短時間です。

 

最近はエステサロンもクリニックも安いプランが豊富。コスパのよい所を探せば家庭用脱毛器より安く済ませられるかも。

 

 

ライン

 

無理な自己処理で肌を傷めないようにしたいもの。手は常に人の目につくパーツなので、ベストな指の毛の処理方法を見つけましょう!